登美の丘<甲州>2019
登美の丘<甲州>2019
登美の丘<甲州>2019
登美の丘<甲州>2019
登美の丘<甲州>2019
登美の丘<甲州>2019

登美の丘<甲州>2019

通常価格¥4,400
/
税込価格

★ワイン日和 購入者特典★
登美の丘ワイナリーポストカード付き

送料:825円(税込)
※15,000円以上購入で送料無料

タイプ

白 辛口

サイズ

750ml

ぶどう産地

山梨県甲斐市 登美の丘ワイナリー自園産100%

ぶどう品種

甲州

アルコール度数

12.0%

 

穏やかな酸味、ほど良い渋味のある、ふくよかな味わい

登美の丘ワイナリー自園産甲州ぶどうだけでつくられた代表的ワイン。りんごや和柑橘系の果実のような香りとカモミールを思わせるハーブの香り。フレッシュな酸味、甲州特有の爽やかな渋味が口中に広がり、それを甘い香りが包んでいきます。

辛口ですが、ぶどうが良く熟してから収穫する遅摘みぶどうならではの凝縮した果実味が強く感じられます。香りと味わいを同時に、欲張りに愉しめるワインです。

 

おすすめの愉しみかた

【飲みかた】
10~12℃くらいの温度が飲み頃。 よく冷やすと酸味が際立ちます。少し温度を上げると酸味はやわらぎ、果実味や旨味を感じやすくなります。ワイン自体の爽やかな香りと自然な旨味、かすかな渋味は、料理と一緒だとよりお愉しみいただけます。

【料理との相性】
フルーティーで酸味が出しゃばらないので、様々なタイプの食材、食事と合います。食材自体の旨味を愉しむような繊細な味付けの日本料理とはバランスが調和しあいます。中華でよく使われる胡麻だれとも、ごまの香り高い風味と相性バツグンです!

    【シーン】
    ・みんなで鍋を囲むちょっぴり特別な日
    ・良く晴れた日に窓を開けて開放的に
    ・冒険的な多国籍料理のお供に

    ストーリー

    「甲州」は、日本固有のぶどう品種ですが、実は自然界の大冒険を経て、日本までやってきました。DNA解析の結果、カスピ海の近くコーカサス地方で生まれた「ヴィティス・ヴィニフェラ」というぶどう品種が、シルクロードを渡って日本までやってくる過程で、中国の野生種「トゲブドウ」と交雑し、再び「ヴィティス・ヴィニフェラ」と交配したと推測されています。

    それから日本の気候・風土に順応した「甲州」は、昔からフルーツとしてそのまま食べるようにも栽培されてきました。(江戸時代は薬用としたという記述も!)

    2010年にO.I.V.(国際ぶどう・ぶどう酒機構)に品種登録されたことによって国際的に輸出されるワインのラベルに品種表記することが認められ、これからますます日本ワインを代表するぶどう品種として世界からも注目される品種です。

     

    ----------------------
    返品等に関して:特定商取引法に基づく表示

    our promise

    "良いワインは、よいぶどうから"

    つくり手が思いを込めてつくったワインを皆様にお届けいたします。