日本ワインのみらいを見つめるつくり手たちの多彩な想いが、ワインになりました。
つくり手の個性あふれるワインを続々とご紹介していきます。

9月9日発売!

No.01_立科甲州

ゼロから畑を立ち上げた。水、電気、何もない土地から。1年目のぶどうは全滅。それでもあきらめない。
冬は極寒の冷涼地から、アロマも酸も豊かで魅力的な甲州ができました。

No.02_Azusagawa

まだ知られていない僕の故郷、松本梓川を銘醸地に。そして同じテロワールでの生ハムづくりへのチャレンジ。

No.03_

Coming Soon...